プレスリリース

ホーム > プレスリリース > ホスピタリティマネジメント:活私利他の理論と事例研究 [単行本] が発売となりました。

このマークがあるところでは音声を読み上げます

看護師募集 楓の風求人サイトはこちら

「楓の風」は嵐になる。公益財団法人笹川記念保健協力財団 理事長 喜多 悦子氏

お問い合わせ・ご相談

在宅療養支援総合相談窓口
tel:0120-632-001
営業時間:月~金/9:00~17:00
グループ本部
〒194-0011
東京都町田市成瀬が丘2-2-2
ワタヤビル3F
tel:042-788-0755

ホスピタリティマネジメント:活私利他の理論と事例研究 [単行本] が発売となりました。

2014年07月30日

楓の風代表の小室も執筆を担当した、「ホスピタリティマネジメント:活私利他の理論と事例研究 [単行本] 」、
そして楓の風が参加している日本ホスピス・在宅ケア研究会より、「そこが知りたい! 在宅療養Q&A 実践と多職種連携を深めるために[単行本]」が7月25日に発売となりました。

皆様、是非ともご一読下さい。
アマゾンでも購入可能です。

おすすめ図書の一覧はこちら

■ホスピタリティマネジメント:活私利他の理論と事例研究 [単行本]

楓の風代表の小室が最終章において、在宅医療・介護むけのホスピタリティマネジメントの活用について執筆しております。

内容紹介
一躍注目されるようになった「おもてなし」。本書ではホスピタリティ概念の属性を分析し整理したうえで、対顧客というより、経営に取り入れることの可能性について理論的に検討し、高齢者のより一層の活用や、看護師の定着率向上を高めるなどの具体的な可能性を探究した。

単行本: 192ページ
出版社: 白桃書房 (2014/7/30)
言語: 日本語

アマゾンでの購入はこちら

■そこが知りたい! 在宅療養Q&A 実践と多職種連携を深めるために [単行本]

内容紹介
「がん」「脳血管障害」「認知症」の3つの事例を紹介し,在宅療養に関わる様々な職種の疑問に答えている。「在宅療養利用者の希望に応えること」と「多職種連携」をキーワードとし、在宅療養の際に利用可能な制度や様々な専門職の紹介、利用者との効果的なコミュニケーション方法など幅広く網羅。円滑な多職種連携と満足度の高い在宅療養を実現し、在宅療養の明日を切り拓く決定版。

単行本: 232ページ
出版社: 診断と治療社; 初版 (2014/7/25)
言語: 日本語

アマゾンでの購入はこちら

ページの先頭へ