法人情報

ホーム > 法人情報 > 講演会情報 > 2015年2月15日(日)【東京都千代田区】介護報酬改定の詳細解説と通所事業戦略セミナー

このマークがあるところでは音声を読み上げます

法人情報

  • トップメッセージ
  • 法人概要
  • 沿革
  • 役員紹介
  • 組織図
  • 各事業所情報
  • 代表ブログ

看護師募集 楓の風求人サイトはこちら

「楓の風」は嵐になる。公益財団法人笹川記念保健協力財団 理事長 喜多 悦子氏

お問い合わせ・ご相談

在宅療養支援総合相談窓口
tel:0120-632-001
営業時間:月~金/9:00~17:00
グループ本部
〒194-0011
東京都町田市成瀬が丘2-2-2
ワタヤビル3F
tel:042-788-0755

2015年2月15日(日)【東京都千代田区】介護報酬改定の詳細解説と通所事業戦略セミナー

今日、社会保障審議会介護給付費分科会で2015年介護報酬改定の議論が活発進められています。この議論も11月には佳境を迎え、12月の国家予算編成と 共に改定率の発表、1月諮問答申の見通しとなってまいりました。2015年介護報酬改定は、「社会保障と税の一体改革」のキーワードである機能強化・重点 化・効率化と共に、地域包括ケア推進をめざした改定となりますが、その中でも既に40,000施設にも増加し、年間の給付総額が1,5兆円を超える通所介 護報酬体系の抜本見直しが大きな話題となっております。特に小規模通所介護は報酬単価も高く、投資金額も少ないことから、近年急増し、実質的な総量規制が かかる対象となり、今後定員18名以下は、地域密着型への移行となります。小規模通所介護に多いお泊りデイは、新たなガイドラインの下、届出制や情報公表 制度が進められます。通所リハビリにおいては、前回に続き、短時間化、重度対応、アウトカムが問われ、2018年診療・介護報酬同時改定に向けて通所リ ハ・通所介護の再編統合の前段階の対応等が考えられます。本セミナーでは、厚生労働省の担当官をお招きし、2015年介護報酬改定の答申内容を詳細に解説 いただくと共に、通所介護、通所リハビリの事業者の立場で改定シミュレーションにおける影響分析から、施行への対応と今後の通所事業戦略を解説いただきま す。どうぞこの機会に、これからの成長発展する通所事業経営を考える経営幹部・管理者の皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

開催日 2015年1月25日(日)13:30~17:40
会場 全国町村会館
東京都千代田区永田町1-11-35
TEL 03-3581-0471
参加料 HMS会員   25,200円(法人・個人会員)
   〃     26,600円(会報誌購読会員)
一   般   28,000円
(資料・コーヒー代を含む)
講師 厚生労働省 老健局振興課 基準第二係長 服部  剛 氏

HMS通所事業指導部講師
在宅療養支援 楓の風グループ 代表 小室 貴之 氏

医療法人新都市医療研究会「君津」会 南大和病院
リハビリテーション部  部長 永山 定男 氏

お申し込みはこちら

ページの先頭へ