楓の風グループについて

ホーム > 楓の風グループについて > 楓の風が生まれた話

このマークがあるところでは音声を読み上げます

サービスのご案内

  • はじめに
  • 楓の風 在宅ホスピスのご説明
  • 楓の風が生まれた話
  • サービス精神
  • デイサービスの考え

看護師募集 楓の風求人サイトはこちら

「楓の風」は嵐になる。公益財団法人笹川記念保健協力財団 理事長 喜多 悦子氏

お問い合わせ・ご相談

在宅療養支援総合相談窓口
tel:0120-632-001
営業時間:月~金/9:00~17:00
グループ本部
〒194-0011
東京都町田市成瀬が丘2-2-2
ワタヤビル3F
tel:042-788-0755

楓の風が生まれた話

「楓の風」は、医師、看護師、保健師、社会福祉士、介護福祉士、弁護士、行政書士、建築家が集まり、理想的な地域医療や地域福祉のサービスのあり方を考える会としてスタートしました。理想的なサービスと、実益ある事業とのバランスを追求・探求し、その思いを具体的な事業として実践するために、平成13年4月に特定非営利活動法人としての設立申請を行い、同年8月の認証を受けて、平成13年8月21日に特定非営利活動法人 楓の風が誕生しました。

そして平成15年2月、地域リハビリテーションを志したデイサービス高ヶ坂を開設しまたしたが、わずか3ヶ月で満員となり、その後半年から1年ごとに様々な在宅介護在宅医療事業を展開し、今日に至っています。

楓の風のエンゲージメント経営

その全ての源は一体何か。それは楽しんで働く素晴らしきスタッフ達の力です。楓の風はやる気に満ちた、明るく素晴らしいスタッフ達の力で満ちています。楓の風はまず「働きやすさ」とは何か、「やりがい」とは何か、スタッフ達の人生が充実するためにはどうしたらよいか、と考えるところからはじめています。
そして面接に来た方々が一番最初に驚くのが「給与の良さ」です。特別に高いというわけではありませんが、世間一般の介護職の平均年収が300万に満たない(2007年)と言われる中、社内介護職平均4,114,702円(2009年介護職実績)という実績も、ご機嫌に仕事をしてサービスをヒットさせて、施設を満員にした事に対する当然の報酬であると考えるからです。しかしこれをモチベーションの要素とは捉えておりません。モチベーション云々以前の、職場としての基礎的かつ衛生的要因と考えています。衛生要因が満たされていなければ、当然のことながら仕事に打ち込むことすら出来ないのです。介護事業はボランティアではありません。又、高額な報酬を稼ぐ 場でもありません。標準的な報酬ではありますが、生活の不安が無いことが大切な要素であるはず。余計な不安に惑わされることなく、仕事に夢を持つことができ、かつ人の役に立つというかけがえのない、そして大好きなこの職業にキャリアビジョンを抱きたいと誰もがこの業界で願っている事ではないのでしょうか。 勿論給料を払いすぎて赤字、なんてことはあってはなりません。健全経営第一です。短期間に急成長を遂げてきたその理由も、スタッフ達が充実し、向上心をもって働ける土壌と社員相互、労使相互の信頼関係があったからこそです。経営陣と従業員との「絆」を大切にする、いわばエンゲージメント経営が、スタッフと利用者様との「エンゲージメント(本来は「絆」という意。しかし楓の風では個人と組織と一体になり、双方の成長に貢献し合う関係と捉えている)」を生みだし、マニュアル化できない素晴らしい高度なサービス提供が可能となっているのです。

ページの先頭へ